京都近畿情報高等専修学校(京都府認可申請中)

KYOTO KINKIJOHO

最新の設備で高度なコンピュータ技術と豊かな教養が身につく

生徒に寄り添い、一人ひとりを大切にした教育を徹底しています。それぞれの学力や習熟度にあわせて、ゆっくり丁寧に教え、希望する進路へと導きます。また、教師と生徒の枠を超えた人間同士のつきあいができるのも本校ならではです。
どんなときも、最後まで、ともに未来を考えています。

校訓「品位」「誠意」「技術」未来につながる「可能性」を育てたい。

激しく変化する時代、IT技術のさらなる普及により社会のビジネスのあり方にも大きな変化がもたらされています。本校は日本の未来を担う先進的な職業人の育成をめざしております。また生徒たちは、礼儀や作法といったマナーを大切にできる人になっていただきたいと、日々努力をしております。本校で学ぶ生徒たちを、情報社会に十分適応できるだけでなく、高度なコンピュータ技術を習得すると同時に、長尾谷高等学校との連携教育により、豊かな教養を身につけ、自信をもって次のステップへと導いていきます。

京都近畿情報高等専修学校 校長 山森 孝彦

入学について

入学対象者

3年間の学習の流れ

1・2・3年

京都近畿情報高等専修学校の外観・内観イメージ

 

各種サポート制度

がんばる生徒のために学校が各種制度でサポートします。

  • 特別推薦入学制度

成績が一定の基準をみたし品行が他の規範となる生徒は中学校長の推薦で学科試験が免除され、保護者同伴の面接のみとなります。この場合「入学金」は免除されます。

  • 特別入学制度

両親・兄弟姉妹が東洋学園グループ校を卒業もしくは在籍している場合は、入学金を免除します。

  • 助成制度

・本校独自の奨学金制度があります。成績優秀な生徒に対して学費補助の制度があります。

・ローン制度として国の教育ローン(日本政策金融公庫)が利用できます。

  • 支援制度について

高校教育を受けようとする、全ての高校生が、安心して勉学に取り組める環境作りのため、国の費用により家庭の教育費の負担軽減を図るための制度です。京都近畿情報高等専修学校は、その制度の受給対象校となっています。

 

高等学校等就学支援金(国)

※国の基準により保護者の市町村民税所得割額と道府県民税所得割額の合算額に基づき『高等学校等就学支援金「国制度」』が給付されます。

※上記の支援金及び支援制度、奨学金に関する詳細については、直接本校までお問い合わせください。

 

開校予定地


 

〒601-1366 京都市伏見区醍醐大構町27-2

 京都市営地下鉄東西線「醍醐」駅より南へ約400m

【開校までの緊急連絡先】 TEL:090-9611-9830